美容だけでなく、健康、医療、生活の質(quality of life=QOL)の保全などありとあらゆる場面で活躍しており、今やネイルケアは確立された分野と言っても過言ではない。
我が国では、肌が透き通るように白く黄ぐすみや濃いシミが出ていない状態を望ましいと思う感覚がかなり古くから存在していて、「色の白いは七難隠す」という諺があるくらいだ。
動かない硬直状態では血行も滞ります。

挙句の果てには、下まぶたなどの顔全体の筋繊維の力が減退します。

顔の筋繊維もよくストレッチをしてあげて、たまに緊張をほぐしてあげることをお勧めします。

美容外科(Cosmetic Surgery)は、身体の機能上の欠損や変形を修復するよりも、もっぱら美的感覚に基づいて人の体の外観の向上を図る臨床医学の一種であり、自立した標榜科のひとつである。
その上に日々の暮らしのストレスで、精神にも毒物は山ほど溜まっていき、同時に身体の不調ももたらしてしまう。
こうした「心身ともに毒まみれ」というような意識が、多くの現代人をデトックスに駆り立てている。
フェイスラインの弛みは老廃物や余分な脂肪が集積することにより進行します。

リンパ液の流通が悪くなってくると不要な老廃物が蓄積し、浮腫んだり、脂肪が付きやすくなり、弛んでしまうのです。

目の下に弛みができると、男女関わりなく年齢よりも4〜5歳は年上に写ってしまいます。

皮膚のたるみは数あれど、中でもことさら目の下は目につくところです。